障害対応 

中野区東中野の障害対応事例です。| 電話工事やLAN工事の東京通信工事本舗

院内レセプトのデータ更新ができなくなった対応(神奈川県小田原市)

東京の障害対応事例です。

東京都中野区東中野の医療機関で院内ネットワークの接続障害が発生したとの事で、障害対応に向かいました。

障害対応の事例ですので電話工事やLAN工事は含めておりません。

現地で状況をお聞きすると、どうやらレセプトのデータ更新ができなくなったという事でした。

現地確認をすると、写真のように盤面いっぱいにいろんな機器や線がてんこ盛り状態になっていました。

ビジネスフォンの主装置や回線のゲートウェイ端末、機械式のセキュリティ機器などは収まらず盤面の外に壁面設置されていました。

お客様側で既にレセプト業者さんに連絡し状況の説明と解消のアドバイスをいただいていたようなので、再度業者さんに連絡し、その通りの設定に変更しました。

結論、ネットワーク側の機械の内部で通信に必要なポートが塞がっており、そのポートを所定の方法で開放してあげる事で事象の改善を確認しました。

お客様側でお使いのPCからレセプトデータの更新ができるか再度確認していただき、問題ないようなので作業完了となりました。

江戸川区北葛西の障害対応事例です。| 電話工事やLAN工事の東京通信工事本舗

障害対応事例です。

東京都江戸川区北葛西の法人企業で20坪ほどの事務所スペースにパソコンが数台ほどのスペースでした。

障害対応の事例ですので電話工事やLAN工事は含めておりません。

PCを立ち上げてインターネットをしようとすると妙な症状が出るという事で様子を見に行ってきました。

症状とはポップアップ表示の事のようで、表示される記載内容や症状は以下のようなものでした。

コンピューター上で見つかった不審な活動にセキュリティエラーがシステム上で検出されています~と表示される。

インターネットエクスプローラーを起動すると大きな広告が表示される。

インターネットエクスプローラーの起動が重い。動かない。

最初に疑ったのが不正なプログラムがインストールされていないかどうか。これはコントロールパネルのプログラムから確認できます。

先ず見つかったのが「saveitkeep」というソフト。ググってみると「アドウェアアプリケーション、オンライン購入で節約するお手伝い」とのわけわからん内容。別にお手伝いなんかお願いしていないという事らしいので迷わずアンインストール。他にも「cutterfoobar」とか「ads by deal 4 real」というよくわからないソフトもインストールされていたのでこちらも迷わずアンインストール。

これだけじゃない気がするんだよな、と思いながらもインターネットエクスプローラーを立ち上げると、やはり症状は改善されておらず。

次に疑ったのがインターネットエクスプローラーのアドオン。いましたいました。これだけの数のよくわからないアドオンがびっしりと。

  • dieael4real
  • salesmagnet
  • aapptouu
  • saveorparo
  • coolsalleecoupon
  • shaopndrop
  • giftboxclipper
  • couponpaeeaak
  • ezlinkpreview
  • ddiscountllocation
  • finedealisofft
  • sofftceoeup
  • deaisfinderpro
  • liampaynenews

ただアドオンが無効にできないようでしたので、一旦PCを再起動してセーフモードの高度なオプションからセーフモードとネットワークを選び再度PCを起動。ファイル名を指定して実行からregeditを打ち、レジストリからアドオン関連のものを全て削除する。Cドライブ内のプログラムファイルからも同じの名称のフォルダをフォルダごと削除する。

これで通常の起動方法で再起動してみたところ、インターネットエクスプローラーの動作に支障がなくなったので、ひとまず安心というところでした。

その後、インストールされているウィルス対策ソフトでPCをスキャンすると、不正なアドウェアが2つ新たに検出されたのでソフト側で処理。とりあえずこれでもう出ないでしょう。

どんな使われ方をされてたかアレなのですが、あまりここまでやられているPCは最近なかったので驚きでした。

調布市小島町の障害対応事例です。| 電話工事やLAN工事の東京通信工事本舗

障害対応事例です。

東京都調布市小島町の法人企業。現地は託児施設として40坪ほどお使いのスペースでした。

障害対応の事例ですので電話工事やLAN工事は含めておりません。

昨年電気屋さんが取り付けたネットワークカメラの調子が悪く、動作が良く止まるという事で様子を見に行くことになりました。

現地に到着すると、PC画面上に展開された映像の閲覧ソフトのフリーズを確認。カメラ画像もそれぞれが別の時間で停止しているのを確認。

PCからはネットワーク上のデータ置き場として設定されているNASへの接続を確認できました。

物理的な原因の切り分けをと、ローカルNWの接続を再度確認するも問題なし。
※PCには固定IPを振り、NAS・カメラ・PC共に独立したローカルのNWとして運用しているようでした。

カメラはハブを介して電源共有されている事から、ひとまずカメラ2台~LANケーブルの抜き差しでカメラを再起動してみると、ビュワーソフト上のフリーズ解消とカメラの動作を確認できました。

不具合が発生していると思われた期間も録画データはNAS上に保存されているようで、PC・ソフト側の設定を再度確認してみることにしました。

取扱説明書がなかったのでネットで商品型番を検索しメーカー問い合わせ先を探し、メーカー相談窓口へ連絡。症状を伝え、再度ソフト側とPC、全ての設定を電話のやりとりを介して確認しました。

ソフト・PCの設定変更箇所は下記。

  • 結論としてPCとソフト側の処理負荷を下げる設定とした。
  • メーカーによればPCのCPU・メモリは稼働に全く支障のないスペックとの事。
  • カメラ2台のフレームレートを30から10に変更。
  • 音声を落とす。カメラ→PCの順に音声ミュートへ設定。
  • 基本設定側、録画容量の項目チェック外れを確認。チェック入れ。容量を600GB/1TBへ設定。
  • PC側コントロールパネル、電源設定を推奨から高パフォーマンスへ設定。
  • ディスプレイ電源も切らないへ設定。
  • Windowsアップデート通知をしない設定。→ローカルNW運用のため、またPC上の通知によるソフト動作の干渉を避けるため。
  • WindowsファイアーウォールをOFFに設定。→ローカルNW運用のため、またPC上の通知によるソフト動作の干渉を避けるため。
  • ソフトの新バージョンが公開されていたが、カメラ動作が止まる不具合を解消する内容ではないのでバージョンアップは見送る。

上記対応後、録画機関の映像を確認し、操作方法をご説明。原因と思われるPC・ソフト側の処理関連の話をし、対処内容をご説明。

これらで様子を見て、再発するようであれば再対応し、メーカー担当者と電話連携し再確認する旨を伝え、終了となりました。

不具合の起きた期間も録画がされていた事から、録画ソフト側とPC側の設定の問題なのではないかと思いました。

以降、特に問題はないようなのでよかったです。

横浜市港南区の障害対応事例です。| 電話工事やLAN工事の東京通信工事本舗

障害対応事例です。

神奈川県横浜市港南区の法人企業でインターネットの接続障害が発生したとの事で、障害対応に向かいました。

障害対応の事例ですので電話工事やLAN工事は含めておりません。

お客様先でWiFiのアクセスポイントとして設置されていた無線ルーターに不具合が起きたのかWiFiが繋がらなくなったとの事でした。

お伺いして現場を見てみると、どうやら無線ルーターのモード設定がアクセスポイントとして使うのではなく、ルーターとして使う設定になってしまっているようでした。

ネットワーク障害が起こっていたようですが、ネットワーク機器をお使いになっていない時間帯だったのが幸いでした。

再度アクセスポイントとして無線ルーターを設定し、WiFi端末で接続を確認して作業終了しました。